勝浦の坂下さん

吉方取りで
千葉県の勝浦に行ってきました。

以前、母たちが行って
「非常に良かった!!」と興奮していた
噂の「坂下さん」



ものすごく良かったです。




まずお風呂が、
ホテル三日月みたいに決して大きいわけではないけれど
清潔感があって
お風呂に入った時のザバーーーーー!!!!!と溢れるのが贅沢。



そして何より
母たちも興奮していたのが、美味しいご飯!!!

鯛の煮付けが、一人一尾!!!!
多いと思ったけど、
味付けが少し濃いのが、お酒にもご飯にもちょうど良くて
ペロリと平らげました。

サザエもタコもひじきも、坂下さんの宿の
すぐそばで獲れたもの!!
お米も勝浦産。
アサリのお味噌汁もあったよ。

「うまい」「なんだこりゃ」「うまい」
しか言葉が出てきませんでした。



同行者いわく、
「部屋のお掃除も行き届いているから、
喉も鼻も寝ていてやられなかった。
こんな宿は珍しい。」
と言っていました。

宿での朝ごはんが楽しみで、
7時台に起きられたのは初めてだね。
30分かけてじっくり焼くというアジの干物もまた「うまい」



これからも勝浦にはしょっちゅう行くので
今度からは「坂下さん一択」です。最高。
勝浦に吉方取りに行くクライアントさんにも
すすめようと思いますわ。




悪ぬ華

勝浦から帰ってきた足で
荻窪ドクターへ「ぬ界村」を見に行きました。

ヌカイダーのテーマソングを、
不安になる歌声で唄うヌカイダーの後ろで
顔が曲がっている村長。

じょじょに顔の位置が合ってくる村長。

昨日はなんというか
ショーではなく、バンドらしいぬ界村でした。
セットリストも珍しくて
色々な意味でレアな回でしたね!レアぬ!

18時半に仕事終わってから
書き上げたという「悪ノ華」
「大往生DOJ」「華厳ノ滝」など
今後のバージョンアップが期待されます。

フサフサ(笑)



トリに出ていらした
24th Decemberさんも、
かっこよかったです。
ピュアすぎて
ロックなのにスポーツ漫画見ているような爽やかさだった…



そしてそのあと、
吉祥寺の某レストランでご飯を食べていたら
まっちゃんさんに遭遇するという
ドッキリ☆もあり、
良い夜でございました。